HOME>特集>数と繰り返しが必要なことになる覚悟がいる

配り方を考える

印刷物

さいたま市内で新しくお店を開店した時やお店を改装したことでお客様を増やしたいと考えた時、チラシ配布があります。チラシにはテレビやラジオと言ったほどの広告効果は期待出来ませんが、作成費用が安く済むと言うメリットが生まれます。またお店を知って頂くためとして、お店周辺だけにチラシを配るなどの方法も考えることが出来ることになり、効果的な配布を心がける必要があります。

一枚に大きな期待はしない

印刷機

ですが一枚のチラシ配布に大きな効果を期待してはいけません。さいたま市内で一万枚を配布した結果でも反響を得る数字としては1%未満であり、10人から30人程度での期待を考えておくべきでしょう。そのため存在を知ってもらうためにも、繰り返しの配布をすることが良い結果を招くことになると考えられています。

デザインも大事なこと

印刷機

さいたま市内でチラシ配布の効果を期待する時は、チラシのデザインを変えてみることも良い方法になります。数種類のデザインを使ってみることで、反応する率を調べてみる方法です。同様にチラシ配布の地域を変えてみることも必要で、何度も同じ地域に配るだけでなく道路状況や人の流れなどを考慮してみることも必要になります。更には販売する品が、どの年齢層から求められているのかを知ることも大事で、年齢層が高い地域、若い人が多い地域などの知ることも効果を上げる方法です。

チラシ配りの方法を考える

印刷機

さいたま市内でチラシ配布を行う時、どのような方法で行うのかと言うことでも条件が違って来ます。簡単に多量の枚数を配りたい時には新聞チラシと言う方法がありますが、よりコアな人たちに見て欲しい時にはフリーペーパーなどを利用することもあります。また一軒一軒配ることになるポスティングがありますが、これらの中で効果は一番期待出来ますが費用も嵩むことも考えられます。